体の悩みQ&A

メンタルの悩み-心の病気

ストレスについて : ストレスとは簡単に言えば、心に受けた刺激によって起こる、精神的緊張のことです。ストレスという言葉自体は、もともとは物体に外的な力を加えると生じる“ひずみ”を意味していましたが、医学の領域で、ハンス・セリエという人が、各種の刺激が生体に作用した際に現れる一定のひずみを、“ストレス状態”という言葉で表現しました。ストレスは、内外からの刺激から引き起こされる心と体の反応であり、内外の環境との摩擦によって生じるものです。心と体は脳を介した一体の存在なので、お互いに影響を及ぼし反応として現れます。心の状態は体に影響を及ぼすし、反対もあります。

 

現代はなにかとストレスが多い時代です。しかし、ストレスは受け止め方次第で変わります。不快なストレスをできるだけ軽くして、上手につきあう方法を身につけるために、自分自身の心の持ち方をちょっと変えてみることからはじめてみましょう。仕事でも何でも、完璧にできなければ気がすまないという人がいますが、人間である以上、完璧ということはありえません。あれこれ何でも100%を目指すことはやめて心を軽くしてみましょう。また、同じ出来事でも、それを明るくとらえるか、悲観的にとらえるかで、ストレスの程度はだいぶ違います。日ごろから物事をできるだけ前向きに考える訓練をしましょう。「あの時、ああしておけばよかった。あんな選択をしたから、今こんな思いをしているんだ」と過去にばかりこだわるり後悔の念に捕らわれている人がいますが、過去より未来の夢や計画を考えるのがよいでしょう。また、ストレスを溜めやすい人は、何でも生真面目に考えて取り組む人が多いので、ずっと同じことを考え続けたり、仕事ばかりをしていたら、いつか燃料切れの日がやってきます。適度な心身の休息は必要です。毎日、少しの間でも自分自身がリラックスできる時間を持ちましょう。自宅に居るときも通販番組を楽しんだり、お出かけ時には通販サイトで購入した度ありカラコンでオシャレを楽しんだり、そういった工夫も精神を安定させる一因になるでしょう。度ありカラコンは通販サイトなどで色々な種類から選べます。色とりどりのカラコンの通販サイトを見ているうちに、フッと心が晴れるといいですね。

 

うつ病(鬱病) : うつ病は心の風邪といわれ、現代人なら誰でもかかる可能性のあるありふれた病気のひとつです。しかし、うつ病になったり、家族にうつ病患者がいる場合、深刻な事態になることがまだまだ多いのが現状です。うつ病はきちんと治療を受ければ治る病気ですが、再発しやすい病気でもありますので、早期発見と早期治療が特に重要な病気といえるでしょう。ありふれた病気だからと、軽くみることなく、専門医に見てもらい治療を受けること、そして家族・職場など、周囲の人たちのうつ病に対しての理解も大切です。

 

心身症 : 心身症は、心の病気の一種ですが、症状が体の変調や疾患として現れるものです。過度のストレスなど、精神的な問題が原因として強く影響している身体の病態は、全て心身症であり、特定の症状を指した病名ではありません。ストレスで胃潰瘍になった場合、それは心身症なのですが、病名はあくまで胃潰瘍となります。

 

神経症 : 神経症は、基本的に強い不安が根底にあり、その不安を解消できないことから、心身の機能障害が起こる病気です。症状としては、過度に緊張したり、いらいらしたり、恐怖感を抱いたり、気分が滅入ったりします。また、動機やめまいやふるえ、吐き気、不眠など身体面にも症状が現れることもあります。神経症は症状にっよって、色々な色タイプに分けられ、代表的なものには、不安神経症、恐怖症(恐怖神経症)、強迫神経症、心気症、抑うつ神経症などがあります。

 

パニック障害 : パニック障害とは、ある日突然、理由も無く激しい不安に襲われ、動悸や呼吸困難などの発作(パニック発作)が起こり、強い恐怖感や不安感のために、日常生活に支障をきたす症状を言います。パニック障害は神経症の一種と考えられています。パニック障害は誰にでも起こり得ますが、20~30代の女性に比較的多く見られます。通常、パニック発作は数分から10分ほどでピークに達して、急速に治まります。しかし、徐々に不安感が増していき、ピークに達するまで1時間以上かかる場合もあります。発作に見舞われた人は、恐怖と苦痛のため救急車を呼ぶこともありますが、病院に着くころには発作が治まっているケースが多く、検査しても異常は見つかりません。パニック障害では、初めてパニック発作を起こしてから1ヵ月以内に、同じ発作を数回繰り返すことが多いです。急に激しい不安に襲われ、激しい動悸がして息苦しくなり、「このまま死ぬのではないか」と思うほどの恐怖を感じると、「また起きたらどうしよう」と考えてしまいます。このように、いつ起こるかわからない発作に怯えることを予期不安といいます。この予期不安のために、1人で繁華街やデパートなど、人が大勢いるところに出掛けることができなくなったり、電車や飛行機に乗ることができなくなることもあります。このように、見知らぬ場所に1人いることが不安で耐えられないことを広場恐怖と言います。パニック障害の多くは、この広場恐怖を伴います。

recommend

歌舞伎町ホストの求人比較

最終更新日:2017/6/12

『メンタル』 最新ツイート

@beutiful_boy2

中途覚醒してメンタルがダメになりかけたのでいくらパーティーした。 https://t.co/MfXIQu1g2O

9秒前 - 2020年10月25日


@JFOX80959181

@AMAI_OSHIRUKO そうか? 自信が無い事とメンタル弱い事は繋がらんよ ブスほどメンタル強いんだから

24秒前 - 2020年10月25日


@keito16875_PSO2

おはようございます 準備が整ったためバイトに行きたいと思います 唐突ですが、いつも絡んで下さる方やふぁぼして下さる方々ありがとうございます メンタル的な面でとても助かっていますヽ(;▽;)ノ 中の人は毎回ふぁぼして頂く度に… https://t.co/UAHZThvPJ0

37秒前 - 2020年10月25日